トップページ> 健康 > 水素水

  水素水

1.水素の体内移動と活性酸素の中和

水素水を摂取すると口・食道・胃・腸などから拡散により体内に吸収され、下図の酸素と同様な動きで細胞内の核(=DNA)近辺に水素が分散移動すると考えられる。風呂に入れて皮膚から吸収させても同様。

ナースのための生理学」より。

体細胞はコラーゲンなどで接合されて間質液に囲まれている。一説によれば、酵素の作用で水素分子が水素原子(=水素ラジカル)になり浮遊し、活性酸素が有れば結合して中和すると考えられている(WEBより)。



2.水素発生器の自作

家電用電源(10〜15V)を利用し水を電気分解して、陰極に発生する水素を水中に溶解させて飲用にする。
水差しに電極を取り付ける ペットボトルに電極を取り付ける 水差しに電極を放り込む

1日通電すればカナ気は薄れ、1週間も通電すればほぼ完璧にカナ気は消える。